株式会社製紙パレット機構 個人情報のお取扱いについてお問い合せ
パレットの再利用
 
パレット輸送のメリット
製品の製造元から消費地までパレットを使って輸送し、荷卸・積替え作業を軽減することを「一貫パレチゼーション」と呼んでおります。現在、紙・板紙(平判)の輸送は、一貫パレチゼーションが主体となっております。パレットは、製品の積み下ろし作業、輸送作業の効率化・迅速化を図り、また荷傷み防止にも役立ち、コストダウンに大きく貢献しております。製紙会社が使用しているパレットを「製紙パレット」と呼称しております。
く使うことができますとができます
製紙パレットは紙・板紙製品の輸送のため、「物流機材」として広く利用されております。紙・板紙製品は、製紙パレットに載せられて、製紙工場からユーザーである印刷業界、紙器加工業界、製本業界等の事業所まで運ばれます。製紙パレットはそこで輸送手段としての役目を終えます。ただし製紙パレットは大切に扱えばすぐに壊れるものではありません。何回も利用できます。空になった製紙パレットを元の製紙工場に返却し、修理が必要な場合は修理して再利用します。
製紙業界では積極的に再生資源の有効利用に取組んでいます
製紙メーカーでは、昭和48年から共同で、製紙パレットを市中から回収し、各工場への返送し、再度製紙パレットとして利用しております。また一部廃棄せざるを得ないパレットは製紙用原料チップ、燃料用チップ等に加工されています。パレットの再利用を通じ、木質資源の有効利用、物流コストの削減、廃棄物の削減に貢献しております。
トップへ戻る
パレット回収の流れ
パレットの再利用
パレットの所有者
回収料金は無料
指定回収協力会社が回収
回収対象外のパレット
パレット回収Q&A
製紙パレット機構について
回収希望の方はこちら
日本製紙連合会
コピーライト
株式会社 製紙パレット機構
本社: 〒104-8139 東京都中央区銀座3-9-11 (紙パルプ会館10階)
TEL: 03-3248-4857  FAX: 03-3248-4858